2004年02月14日

 バレンタインということで、セーターをプレゼントしてもらう。育児にかかりきりでほとんど外出できないというか、ふみまさと一緒だと寄り道している時間がないと聞いていたので、時間をつくって買いに行ってくれたことそのものにまずは感謝。僕自身では買わないデザインだなあと思うけれど、それがプレゼントの醍醐味だと思う。さて、White Dayはどうしたものか。

バレンタインのプレゼント

投稿者 yhiroaki (19:40) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/50

 金曜日に仕事で博多に出張した。博多みやげといえば明月堂の通りもんが定番で、確かにおいしいけれど、少し味が濃いので今回は別のものにしようと空港の売店で探してみた。見つけたのがこの松屋の鶏卵素麺。松屋は創業400年の老舗だそうだ。
 鶏卵素麺は卵黄を蜜の中に入れ素麺状にしたシンプルなお菓子。箱の中には注意書きが入っていて、素麺のかたちをしているのを見てお湯をかける人がいるが溶けてしまうのでそのまま食べてねとのこと。お菓子だからわかりそうなものだけれど、贈り物にもらったら間違うこともあるかもしれない。 カステラなどと共にキリスト教の宣教師が伝えたお菓子とのこと。
 食べると甘い。甘さの中に卵の風味。この卵の風味を気に入るかどうかだと思う。僕は気に入った。ぱくぱくぱくっと写真の分量だったら食べてしまう。渋めのお茶と合わせるといいと思う。Webで調べると、松屋のほかに京都鶴屋 鶴寿庵、大阪の鶴屋八幡でも鶏卵素麺を作っているとのこと。今度試してみよう。

一口サイズに切って盛り付け

(2004/2/28)京都鶴屋 鶴寿庵の鶏卵素麺の感想を追加

--
松屋
福岡市博多区上川端町14-18
092-291-5244

投稿者 yhiroaki (17:57) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/49

 「論理的な伝え手」になるために必要なロジカル・コミュニケーション技術について説いたベストセラー。著者はコンサルティング会社の雄、マッキンゼーでコンサルティング・レポートや提案書を対象に論理構成や日本語表現の観点からアドバイスするエディティング・サービスという非常にニッチな専門職に長年従事し、その経験から得られたノウハウをこの本にまとめている。
 本書では、相手になにかを伝えるためには、

  • 何について語っているのかというテーマと、
  • テーマに対する結論、
  • テーマと結論を語ることによって相手に期待する反応が何か、

を明確にした上で、
テーマに対する結論を説得力あるものにするために、
  • 相手にこれは漏れなく網羅的に検討した上での結論だと思ってもうらうための技術としてMECEという技術と、
  • 相手にこの結論には論理の飛躍がないと思ってもらうための技術としてSo What?/Why So?という技術が、
説明されている。
 さすがにロジカル・コミュニケーションが本業ということもあって、ビジネス書としては異例なくらい読みやすい本に仕上がっている。ベストセラーになった当時からそのうちに読もうと思っていたがなんとなくきっかけがなく今まできていた。MECEやSo What?という考え方は他の似たような本で読んで知っていたので、この本を読むまでもないかという気持ちもあった。
 でも読んでみて、これは一度は読んでおくべき本だと思った。MECEやSo What?というテクニカルなことよりもとりもなおさず、ビジネス・シーンにおいて伝えるとはどういうことか、きちんと明快に説明している。報告書や提案書を作るときこの本の内容が自然とフラッシュバックする。そうやって反復しながら是非自分のものにしたい。

--
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
著者:照屋 華子, 岡田 恵子
出版社:東洋経済新報社
ISBN:4492531122
発行日:2001/5/8

投稿者 yhiroaki (02:06) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/47
2004年02月12日

 地域の自治会館で開催されてる赤ちゃん教室に初めて参加しました。一歳までの赤ちゃんと、その子が初産のお母さんたちの集いです。どきどきで行ったら、妊婦対象の母親教室で知り合った親子(当時はプレママ)がいて、ほっと安心。お互いの赤ちゃんの紹介もできました。
 自己紹介のあと、手遊びしたり、歌いながら赤ちゃんの身体を動かしたり、絵本を読んでくれたりと盛りだくさんでした。月齢によって赤ちゃんたちの反応もぜんぜん違います。 三ヶ月から一歳まで、一年でこんなに成長するのか!と驚きます。月齢別に分かれてのおしゃべりや育児相談など、いい刺激になったし参加してほんとに良かった。月一回なので来月が楽しみ。
 ふみまさっていう名前は聞き取りにくいようです。自己紹介ゲームのとき、何度も訊き返されたのでした。「とみまさくん?」とかって。そのあとのゲームでは途中までいい調子で笑ってたけど、疲れたのか眠ってしまいました。月齢の低い子達は順々に眠っては起きしてました。ぐずる子はあまりいませんでしたが。
 とても騒がしかったので帰ってから興奮して大変かなと思ったけど、疲れたのか良く眠ってくれてます。夜中もその調子でね。

投稿者 Honey (23:42) | クリックするとコメント画面へ (13)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/46
2004年02月11日

 仕事が休みの日はふみまさと一緒にお風呂。湯船につかると温かいのが気持ちいいみたいですごくよろこぶ。リラックスしてあくびをすることも多い。でも、入れ方が乱暴だったり、原因はないと思うんだけれど運が悪いと、お湯を恐がって泣き出すこともある。
 そんな日は湯船の中で落ち着かせてあくびするところまであやしてみよう、と変な目標をたてたりしてしまう。さすがに湯あたりさせるわけにはいかないので制限時間のあるチャレンジ。いつも泣き止むところまではいくが、あくびまではいかずチャレンジ失敗。
 今日はあくびしていた。なにをしたというわけでもないんだけれど、なんだか僕にも達成感がある。今日は気分よく寝れる?
いい湯だな

投稿者 yhiroaki (23:33) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/44

 今日の昼ごはんにタラの芽のてんぷらが出た。食材を1週間に1度宅配してくれるサービスを利用しているのだが、その中に入っていた。節分も過ぎたし、もう春に向けて動きつつあるんだなあと思う。
 冬から春への移り変わり、ということで思い出すのは、小学校高学年から中学まで通った塾の先生が、奈良のお水取りが終われば暖かくなる、とか、寒いはずや、まだお水取りが終わっていない、などとよく言っていた。
 季節感が醸成されるかどうかは、こういう会話がどれくらい頻繁に交わされるかにかかっているんだろうと思う。旬のものを食べて、旬の食材や季節のイベントについて会話する、そんな家庭にしていきたいね。

 あとになって、写真を撮っておけばよかったと少し後悔。思いつく前に食べてしまった。

投稿者 yhiroaki (22:44) | クリックするとコメント画面へ (3)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/45

 書き込みのタイトルのデザインを変えたいと思っていたが、cssが理解できていなくて思うようにいかなかった。今日は仕事が休みだったので、ふみまさの相手をしつつWebでcssについて調べてデザインをいくつか変更してみた。変更したのは以下のとおり。

  • 書き込みのタイトルに背景色を設定し下線が表示されないよう変更
  • 書き込みの左側にラインを表示
  • タイトルの文字自体を個別書き込みへのリンクにし、書き込み時間からのリンクを削除
  • カレンダーなどのある左ブロックのタイトルを枠で囲み文字をセンタリング
  • 同じく左ブロックの文字の大きさを変更
  • 書き込み内の引用部に破線の枠を設定

 少しは読みやすくなっただろうか。

新しいスタイル

投稿者 yhiroaki (21:51) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/42
2004年02月10日

 最近ふみまさが両手を合わすことが多くなってきた。一時期、自分の手のひらを眺めている時期があって、それは自分の手を認識し始めたことのあらわれだと教わった。両手を合わせるのは更に一歩進んで手のひらを認識しだしているのだそうだ。
 ふみまさは多分時期的にずっと先のことだと思うけれど、テレビ番組で幼児が鏡に写る自分の姿を自分だと認識する瞬間のことを扱っていたのを覚えている。ふみまさくん、きみにとってはすべてが新しい発見なんだろうなあ。そのうち僕のことも認識しておくれ。

右手と左手の遭遇

投稿者 yhiroaki (23:30) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/40

 MovableTypeの設定というわけでもないが、2月8日の夜にカウンターを設置してみた。誰も観てくれなくても個人的な記録を残そうと思って始めたが、結構はげみになったりするものだ。
 私が利用しているレンタルサーバのXREAの無料カウンターサービスを使った。カウンターに1週間アクセスがない(すなわち1週間だれもこのサイトを見に来ない)、またはリンクのクリックが1ヶ月ない(すなわち1ヶ月だれも私のサイトからカウンターをクリックしない/ちなみにクリックするとXREAのページに行く)とカウンターを削除されてしまうそうだ。それくらいだったらフリーCGIを探して設置するか、とも思ったが、まあ試しに付けてみようと思っただけだからと、XREAのカウンターを使わせてもらうことにした。
 MovableTypeの標準テンプレートではMainページ上部のエリアをbannerというdivで定義している。banner部はHiLOGというこのサイトの名前とその説明を左上に、似顔絵の画像を右上に、カウンターを右下に表示するためにTABLEタグを使っている。MovableTypeのテンプレートの設定はhtml部とcss部に分かれているので、TABLEタグではなくcssを使って設定すべきなのかもしれない。実はこれまでcssは使ったことがなかったので、Tagland等の解説サイトを参考にさせてもらいながら試行錯誤で設定している。banner部はこれからもデザインが変わると思うので、まあいいかという感じ。

投稿者 yhiroaki (01:12) | クリックするとコメント画面へ (1)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/39
2004年02月08日

 Webを眺めていると、髪の毛や顔の輪郭、目、鼻、口、耳等を調整しながら簡単に似顔絵をつくれるサイトを見つけた。N2 ART PARKの 「にがおえぱれっと」というコンテンツ。ちょっとはまってしまい、休日の大半を使って家族3人の似顔絵を作り、Topページに配置してみた。

これがその似顔絵

 実際の私達をしっているかたは、よかったら似ているか似ていないか感想を教えてください。もっといい似顔絵を作ってくれたらなおありがたいです。

投稿者 yhiroaki (20:57) | クリックするとコメント画面へ (4)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/38