2004年05月29日

 今日高島屋にいったので、以前からいつも行列ができていて並んでまではねえと思って見送っていたグラマシーニューヨークのチーズケーキを買えたら買おうと思ってお店を覗いてみた。まあ今日買えなくても焼き上がりの時間を調べて次くる時にはその時間を狙って来ようというくらいの軽い気持ちで。焼き上がりは午前10時、午後2時、5時。僕がお店に着いたのは午前11:30。ああ今日は縁がなかったのねと思いながらお店のなかを覗くと、まだ7,8個残っていた。人気も落ち着いたのかな。今日がたまたまなのか、落ち着いたのかは判断つかないけれど、まあ買えたのだからラッキー。家に帰ってさっそく食べてみた。

≫ 続きを読む


投稿者 yhiroaki (18:30) | クリックするとコメント画面へ (778)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/140

 Honeyがあかちゃん教室で習ってきた手作りおもちゃを作ってくれた。ペットボトルにビーズを入れるのと、サランラップの芯にビニールテープを巻きつけてカラフルにするものを習ってきたそうなのだけれど、ペットボトルがちょうど2つあったので合体させ、ビーズがなかったので僕が出張の時に使い残したアメリカ硬貨を中にいれ、合体させるのにビニールテープを使うついでにカラフルにしてみたそうだ。
 ふみまさに渡してみると、反応はイマイチ。まぜこぜにしたのが良くなかったのか、ビーズよりも野太い音のする硬貨のせいなのか、そもそも彼の趣味にあわなかったのか・・・。まあもう少し様子をみてみよう。

遊んでくれないかな

投稿者 yhiroaki (17:45) | クリックするとコメント画面へ (164)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/139

 離乳食開始で、離乳食1日目は順調だったこと友人のところでは2日目からスプーンを口に入れさせなくなったことを書いたが、ふみまさがその後どうだったかと言うと・・・

≫ 続きを読む


投稿者 yhiroaki (08:49) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/138
2004年05月28日

 HiLOGのトップページの左上等に広告が表示されるようにした。これは、Google AdSenseというアフィリエイト・プログラムに登録したことによるもの。アフィリエイト・プログラムとは、

Webサイトやメールマガジンに企業サイトへのリンクを張り、ユーザがそこを経由して商品を購入したりすると、サイトやメールマガジンの管理者に報酬が支払われるというシステム。「アソシエイト」などと呼ばれることもある。(IT用語辞典e-Wordsから引用)
というもので、HiLOGの中ではこれまでも読んだ本の感想を書いている記事はアマゾンのアフィリエイト・プログラムを適用していて、本の画像をクリックするとアマゾンのサイトに飛ぶようになっている。
 Google AdSenseの特徴は、記事の内容を自動的に判断して内容に即した広告が表示されるところ。今時点では「ずりばい」とか「離乳食の開始」の記事をおそらく解析して、
こどもちゃれんじ baby 初心者ママ・パパに役立つ情報が いっぱい。資料請求でプレゼント!
という広告が表示されている。
 アマゾンもGoogle AdSenseの広告も興味のある内容だった時にはクリックしてみたください。

投稿者 yhiroaki (20:06) | クリックするとコメント画面へ (1)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/137
2004年05月23日

 出張から帰ってきたらすっかりずりばいができるようになっていた。動きもの第2弾ということでムービーを載せてみた。お尻を上げてハイハイをしようとするのだけれど、手の力が足りないのか崩れてしまう。もうちょっと。しかし、ハイハイを始めたらどこに行くかわからない。今でも少し目を離すと視界から消えるけれど、もっと予想もしないところまで行ってそう。ちょっと不安。



再生するにはプラグインが必要です。<a href="http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/archives/zuribai.wmv">ここ</a>をクリックすることでムービーをダウンロードできます。

投稿者 yhiroaki (19:35) | クリックするとコメント画面へ (5)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/135

 飛行機に乗っている間の暇つぶしにと空港で購入した本。算数なんとすごく懐かしい。鶴亀算、旅人算、植木算・・・。この本では、算数は問題文を読み、問題の内容を理解し、解答に向かって目標を立て、解答をまとめ結論を得るという問題解決力に通じる論理力を養成するのに適すると言っている。
 数学の代数的アプローチ、すなわち問題文で示されている条件をxやyという変数を使ってモデリングし解答を得る機能美にあふれる解き方の利点と、算数のひと工夫して解を得るアプローチ、例えば鶴亀算のように仮に全て亀だったらと仮定した時の足の数と実際の足の数から亀と鶴の数を求めるという解き方の利点をそれぞれ紹介している。なるほどなあ。

--
大人のための算数練習帳
詳しい情報はAmazonで
著者:佐藤恒雄
出版社:講談社
ISBN:4062574330
発行:2004/2/21

投稿者 yhiroaki (15:15) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/134

 難解な小説。「見えない人間の肖像」「記憶の書」の2編が収められている。「見えない人間の肖像」は主人公の父親探しの物語。主人公の父親は社会的にも成功し一見普通に暮らしているが、自分をさらけ出すということを全くせず他人と関与することを拒絶しながら生きてきた。主人公はそんな仮面の向こうに本当の父親が隠れているはずだという想いを持っていて、父親の訃報を聞きなんとか本当の父親が見つからないか苦闘する。
 「記憶の書」は「見えない人間の肖像」の主人公と同一人物と思しき主人公が、荒廃したマンションの一室で書くことの孤独について綴った物語。同じく父と子の関係が重要なテーマになっている。今度は主人公と彼の息子の関係に重心が移っていると思う。まだ物心ついていない幼い息子と遊びながら、この記憶は永遠に失われるのだとなんとなく寂しく述懐するシーンに共感してしまうのは僕自身の今の境遇にやはり関係しているのだろう。

--
孤独の発明
詳しい情報はAmazonで
著者:ポール・オースター
出版社:新潮社
ISBN:410245103X
発行:1996/4/1

投稿者 yhiroaki (15:00) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/133

 離乳食を始めた。はじめてのスプーンを書いたときには4月に始める予定だった離乳食。でも3月末に通っている助産院でもう少ししてからのほうがいいと言われ延期していたが、おゆるしもでてとうとう始めた。
 最初は10倍粥から。スプーンで口元に持っていくと普通に食べる。おいしい?味覚ってもうあるのかな。Honeyのママさん友達で初日は機嫌よく食べてくれたのに次の日からなかなか食べてくれなくなったという話もきいたので、これからどうなるかわからないけれど、初日は上々のすべりだし。

母乳とどっちがいい?

投稿者 yhiroaki (11:28) | クリックするとコメント画面へ (7)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/132
2004年05月16日

 出張の影響で背景を変更するのも少し遅くなってしまった。もう鯉のぼりではまずいので菖蒲に変更。画像は素材屋じゅんの素材を利用させていただいた。

もうすぐ梅雨の季節

投稿者 yhiroaki (19:08) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/129

 ワシントンDCに行く飛行機の中で読了した本。実は他にもう1冊読んだ。それについては後日。
 タイトルのとおり会計の基本的な考え方をやさしく解説している本。水、木、火、金という概念を使って、資本(水)から資産(木)を用意し、資産(木)を使う活動を費用(火)と捉え、その活動から利益(金)を生み出す、という説明をしている。また、BSやPLの読み方みたいなところから入らず、ある数字を別の数字で割り算してみるとか数字の大きい項目に目をつけるといった基本的な会計センスの身につけ方から入っていて、今までの入門書とは一線を画していると思う。
 水、木、火、金の喩えは賛否両論あるだろう。他の会計本で理解できていれば、まあそういう喩えもあるかもしれないねといった感想が一般的だと思う。会計センスとはどういったことなのかを紐解き、そこから入ったアプローチはなるほどと思わせてくれた。
 僕はこの本で、りそな銀行や足利銀行で世間を賑わしていた税効果会計/繰延税金資産がなにものか一応理解できた。しかし、繰延税金資産なんて認めるべきではないとおもうなあ。企業会計と税務会計の基準が異なっているのが前提なのだから、法人税額が利益の40%程度になっていないと不自然というのは納得感が低い。利益マイナス、法人税額いっぱいというのが自然な姿だと思う。不良債権の費用処理の基準を欧米並みに緩和するといった対処とセットで議論しないといけないのはそのとおりだろうとは思うけれど。

--
<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です
Amazonのサイトでさらに詳しく
著者:山田真哉
出版社:日本実業出版社
ISBN:4534037384
発行:2004/4/8

投稿者 yhiroaki (01:30) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/126