Honeyがふみまさをつれて、桶谷式の助産院で1歳3ヶ月検診をしてもらってきた。身長77.5cm、体重10010g、胸囲45.0cm、頭囲50.0cm。体重がとうとう10kgの大台にのった。11月の初めのころに10kg近くまで増えていたのだけれど、風邪をひいたりして体重が落ち、なかなか10kgを超えずにいた。12月12日に測ってもらったときと比べて頭囲も1cm伸びている。測るところによって変わるのかもしれないけれど。

投稿者 yhiroaki (18:59) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/606
2005年01月27日

 Honeyに何か手作りお菓子のリクエストはないかと尋ねられ雲竜をお願いした。だったら作り方を調べてよ、ということになり、僕がgoogle先生の力を借りて見つけたレシピをもとに作ってみてくれた。すごい、本当に手作り雲竜が食べられるなんて!
 Webで見つけた作り方は、レシピを公開するというものではなくて、こんな感じで作ってみたと備忘録というか、日記として書いてあったので、あまり詳しい説明はなく、行間を読んで作ってくれた。
 出来上がりは、おおっ!雲竜っぽいなあ、というもの。食べてみると漉し餡のところがそぼろ状になっていなくて、練り切りのような食感。Honey曰く、漉し餡にみじん粉を振り入れる時に15g入れたところで固くなったのでそれ以上入れるのは止めておいたけれど、この分量がそぼろ状にならなかった原因かもしれないとのこと。試行錯誤してみるのも大変なので、作り方が乗っていたサイトのかたにメールで問い合わせることにした。リベンジがかなったらまた日記でお知らせします。

unryu1.jpg

unryu2.jpg

≫ 続きを読む


投稿者 yhiroaki (21:51) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/588

 しばらく前までと比べてふみまさの反応が変わってきて面白い。僕らのすることをよく真似る。僕らがお箸でご飯を食べているのを見て、スプーン2本をお箸のように持とうとしてみたり、僕らがあくびをすると同じようにあくびモドキをしてみたり。ごねることも覚えて、気に入らないとくちびるをタコのように突き出してムスっとしている。Honeyは会社で嫌なことがあったときにはふみまさの表情をまねて気分を変えているのだそうだ。
 ふみまさの最近の芸の1つ、それはバイバイ。今日も朝保育園に送り出すときに、保育士のかたの腕に抱かれて笑顔でバイバイしていたっけ・・・。僕ら的にはちょっとフクザツだけど、泣かれるよりはずっといい。
 手を振りながら、はいふぁいはいふぁいと言っている。少し前にはご飯を食べた時に、おいしいーと言いながら人差し指をほっぺにあてることを実家の父が仕込んでいた。おいしいーとは言わないが仕草はよくする。僕らが食べさすとしないのに、自分でスプーンでうまくすくえて食べた時には連発。

ダイニングテーブルの上でバイバイ
バイバイ

投稿者 yhiroaki (01:33) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/591
2005年01月26日

 ホルトハウス房子のチーズケーキを食べた時に、もりさんから紹介いただいた、赤坂にあるしろたえのレアチーズケーキを食べた。紹介いただいたのが去年の2月24日だから、もう1年近く前になる。ようやく、という感じ。
 Honeyが買ってきてくれたのはレアチーズケーキ、ショートケーキ、チーズスフレの3品。欲張り。でももちろん感謝。本日の本命、レアチーズケーキから食べるHoney、スフレから食べる僕。性格のあらわれか。
 チーズスフレもショートケーキも素直においしい。癖がなくて、誰にでも勧めることができるタイプ。これは期待がもてるなあと思いながらレアチーズケーキに向かう。タルト台の上にふんだんにクリームチーズが乗っている。直方体のかまぼこのような形態。クリームチーズの割合が多くて、見た目はそれほど大きくないけれど食べたらボリュームがありそう。
 さっそく食べてみるとすごく軽い、あっさりした味。ニューヨーク・チーズケーキのように濃厚なタイプとは全く違う。食べやすい。クリームチーズの舌触りがすごくいい。おいしい。
 少し気になったのがタルトの味。わりと濃い目の味で、チーズがあっさり目なのでタルトの味がチーズの味に勝ってしまう印象を受けた。チーズだけ食べたい!一方、Honeyはタルトとのマッチングも絶妙と評価していた。家族会議で時々買って食べようと相談。それだけ価値はある。もりさんありがとうございます。

奥からレアチーズケーキ、ショートケーキ、チーズスフレ
どれもおいしいけどやっぱりレアチーズケーキ

--
しろたえ
03(3586)9039
東京都港区赤坂4-1-4

投稿者 yhiroaki (23:15) | クリックするとコメント画面へ (5)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/590
2005年01月25日

 以前ガーバーのベビーフードを良く使っていたのだけれど、以前日記に書いたとおり明治屋がガーバー社との提携を解消し、販売終了になったことになり手に入らなくなった。その後、マウイ旅行の時にガーバーオリジナルのが飛行機の機内食で出てきたり、現地のスーパーでよく見かけたりした。
 日本では明治屋に替わって和光堂が販売契約を結んだ、というところまでは日記に書いていたのだけれど、その後音沙汰がなく、どうしたのかなあと時々思ったりしていた。すると、1月21日に和光堂からニュースリリースがでていて、2月25日からガーバー オーガニックベビーフード「テンダーハーベスト」 シリーズとして発売されるとのこと。明治屋の時とは商品構成も大きく変わるようす。明治屋ガーバー・ベビーフードが買えなかくなったので、外出時にはキューピーの「よいこになあれ」シリーズを愛用していた。そうこうしているうちに、もうしばらくしたら、離乳食も卒業なんだけれど。

投稿者 yhiroaki (02:16) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/589
2005年01月22日

 岸朝子の東京 五つ星の手みやげシリーズ第5弾。赤坂青野赤坂もちを食べた。Honeyが買ってきてくれたもの。
 青野は江戸時代に飴などの駄菓子屋としてはじまり、明治維新をへて五反田で餅菓子屋に転進、明治32年に赤坂に移ったそう。1つずつ風呂敷に包んであり、中に黄な粉ともちが容器に入っている。蜜のない信玄餅という感じ。風呂敷を広げて、これをお皿がわりに食べる。食べるといい材料を使っているのだろうなあという味。でも味そのものはインパクトに欠ける。普通。
 もちを食べ終わり、残った黄な粉もスプーンですくって食べる。うーん、大豆。材料の質がよさそうなだけにお菓子として感動をよぶものじゃないのがちょっと残念。もちろんおいしくないわけじゃないのだけれど。

風呂敷入り
ひらく前

風呂敷を広げて食べる
ひらいたところ

投稿者 yhiroaki (15:15) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/587

 先日、午後7時ごろだろうか、満員の通勤電車に乗ると乗車口付近から少し奥に入った座席のあたりが少し空いていた。大き目のベビーカーがあって、みんななんとなく近寄りがたいようす。少しでも空いているほうがいいと人混みをかきわけてそのあたりまでいくと、どこの国だろうか、英語圏のお母さんとふみまさくらい?のおとこのこの2人づれが座っていた。
 満員電車に小さい子供連れで乗るのはすごく疲れる。わざわざ通勤ラッシュの時間帯に乗るなよ、というまわりの声が聞こえてきそう。実際、なるべく避けようとするのだけれど、どうにもならないときがあって、だから今乗っているんだと言いたくなる。
 途中の駅で彼女達の横に座っていたおじさんが降りて、電車が動き出しても誰も座らなかったのでおかあさんの膝の上で抱かれていたこどもが横におりた。その頃からこどもがぐずり始めた。これがまた親にとっては辛い。まわりの、一体なんの声?という視線。こどもはまだ小さくて言葉がわからないので言って聞かせることもできない。どうしろっていうのと思ってしまう。
 せめて、あなたの味方もいるよ、と伝えたくて、つり革につかまりながら読んでいた本を使って、いないいないばあをしてみた。すると、ぐずるのが少しおさまった。しばらく遊んだ後、窓の外に興味がいったみたいでいないいないばあ自体は5,6回でおわったけれど。
 僕の降りる1つ前の駅で親子は降りていった。おかあさんがこどもに話し掛けるのは英語だったけれど、僕にはありがとうと日本語でひと声かけて。高野ゆうのエッセイの中にあった、オーストラリア(だったかな?)への旅行中は「Thank you.」の連続だったけれど、日本に帰ってきてからは「ごめんなさい」の連続だ、という言葉がよみがえる。
 でも、こんなふうに思うようになったのも、ふみまさが生まれて、同じような体験をしたからなんだなあと思う。自分で体験する前に想像力を働かすことができればいいのだけれど、なかなか難しい。

投稿者 yhiroaki (15:00) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/586
2005年01月15日

 今日はHoneyと僕の結婚記念日。記念日には毎年、おいしいものを食べることにしている。今年はエノテーカ ピンキオーリというイタリアンのお店にいった。フレンチや和食のお店も探したのだけれど、やはり幼児連れだと断られてしまい、いっそ温泉に1泊してこようかといっていたのだけれど、このお店は個室だったらかまわないと言ってくれた。本店はフィレンツェにあり、昨年、ミシュラン3つ星に復帰を果たしている。メディチ家の宮廷料理がベースだそうだ。
 1週間ほど前に予約を入れて当日を迎えたわけなのだけれど、今日は生憎の天気。雪が降るという予報をみて、長い間引きずった風邪のことが頭をよぎり、もう行くのは止めにしようかと言っていたのだけれど、天気予報の降水量をみると1時間に1ミリほどで小雪/小雨。これだったら何とかなるんじゃないかという話になって行くことにした。
 銀座5丁目、銀座三越から横断歩道をわたってすぐの銀座コアビルの7階。ワンフロア全てこのお店が入っているようで、エレベータを降りるとすぐクローク。コートや荷物を預けて待合コーナーに案内される。しばらくして案内の人がやってきた。両側ワインセラーの回廊を抜け、個室に案内される。6人は楽に座れそう。2人+幼児だとちょっと広すぎ。ふみまさから食器を守るにはちょうどいい広さかも。

≫ 続きを読む


投稿者 yhiroaki (23:08) | クリックするとコメント画面へ (8)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/561

 今日は小正月。小正月は女正月とも呼ばれるが、小豆粥を食べる風習もある。小豆粥は小豆の赤は邪気を払い、1年間万病を防ぐと言われる。我が家でも以前はぜんざいを食べていたが、ここ数年は小豆粥を食べるようになった。七草粥といい、お腹に優しいメニュー。
 我が家の小豆粥のレシピはHoneyによると、小豆を下茹でして灰汁をとり、米一緒に粥にする。米半合に対し4〜5倍の水。炊き上がった粥に塩を2つまみ加え、盛り付ける時に別に炊いておいた餅を加えてできあがり。
 小豆粥に入れる餅にらでぃっしゅぼーやの宅配の餅を使ったが、これがいまいち。スーパーなどで売っているあののっぺりした味の餅で、粥そのものがおいしい安らかな味になっているだけにちょっと残念だった。来年は別の餅にしよう。

僕は小豆好き

投稿者 yhiroaki (15:29) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/559

 HiLOGではトップページに最新10記事を表示するようにしている。この10記事全てにコメント入力フォームを表示するのは読む人にとって煩わしいので、「コメントする/みる」というボタンを用意し、クリックするとコメント入力専用フォームがポップアップで表示されるようにしていた。また、「トラックバック」ボタンをクリックするとトラックバック用URLが表示される専用画面に移る。
 これはこれで別にいいのだけれど、YAHOO!やGoogle等の検索エンジンがHiLOGのコメント入力専用フォームやトラックバックURL専用画面が検索結果に表示してしまうことが結構ある。そうするとYAHOO!やGoogle経由でHiLOGにたどり着いた人は、記事タイトルとコメント入力フォームだけの画面や、同じく記事タイトルとトラックバック用URLだけが表示される画面を見ることになる。トップページへのリンクすらない。
 これではなんだか申し訳ないと思い、「コメントする/みる」ボタンでは個別記事そのものにリンクし、「トラックバック」ボタンは廃止してトラックバックURLをそのまま表示するよう変更した。「コメントする/みる」ボタンからのリンクを検索エンジンが拾っても個別記事画面へのリンクになるので問題ないし、トラックバックURL専用画面は廃止するのでリンクそのものがなくなる。

≫ 続きを読む


投稿者 yhiroaki (11:53) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/558