2005年04月04日

 4月からふみまさを新しい保育園で預かってもらうことになった。去年の10月下旬にHoneyの職場復帰とともに預かってもらっていた保育園は送迎サービスがあったり(迎えに来てもらうほうだけ利用)、園での様子を写真やビデオに残してくれたりと至れり尽くせりだったのだけれど、4月からは公立の保育園。例えば3月にあった説明会も平日に開催されるなどあまり融通はきかなさそうだ。平日は保育に欠けるから保育園に預かってもらおうとしているわけなのに・・・。

 それでも新しい保育園に移ろうと思った決め手は園の庭の大きさ。これまでのところには園庭がなく近くの公園に散歩に連れていってもらっていたのだけれど、新しい保育園には園の建物に隣接してフェンスで囲われた庭がある。この園庭がHoneyの心をわしづかみ。明日からの登園に向けて、布団のシーツや様々なグッズの製作にいそしんでくれている。
 今回、グッズ製作のためにミシンを購入した。僕自身は使ってないのだけれどHoneyには好評。こんなに便利になっていいのかしらと驚いていた。多分、いいんです。
 実は各保育園の仕様にあわせてシーツ他を代理で作成してくれるところもあって、そっちを利用したほうがいいのではないかとも相談したのだけれど、最終的にはやはり自分で作ってあげたいという気持ちがかったようだ。このミシン、オークションに出品している人がいて、「1年前に保育園の準備で購入したが、それ以来1度も使っていないので美品です」と書いてあった。我が家のミシンが1年後に出品されるかどうかはHiLOGが続いていたら明らかになるかもしれない。

 3月29日にこれまでの保育園の卒園式があって、Honeyがビデオをもって駆けつける予定だったのだけれど、中耳炎の前の発熱で残念ながら欠席することになった。新しい保育園が4月4日からだったので、4月1日までこれまでの保育園で預かってもらうようお願いしていたので、最後にもう一度顔を出せると思っていたらとうとう行けずじまいだったのが少し残念。ただ、これまでの保育園を引きずらないという意味ではふみまさにとってはよかったのかもしれない。明日は初めての登園。これまでの保育園にはすんなり馴染んで、送り出すときも迎えにいくときも泣くことはほとんどなかったふみまさ。新しい保育園にも馴染んでくれるといいのだけれど。

かーさんがーよなべーをして・・・

投稿者 yhiroaki (01:50) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/644
2005年04月03日

 中耳炎にかかったふみまさ。抗生物質が効いているのか、昨日、今日と熱は下がって平熱になった。明日もう一度耳鼻科に連れていって経過を聞くことにしている。これで治りきるといいのだけれど。
 僕自身はあまり中耳炎になじみがない。覚えていないだけで、小さい頃にかかっているのかもしれないけれど。Honeyは夏場のこどもの病気としてなじみ深いという。プールが原因だそうだ。そういえば小学校の頃、毎年夏場に必ず耳鼻科にいくよう言われていた。耳鼻科の診断結果を提出しないといけなかったと思う。

投稿者 yhiroaki (09:30) | クリックするとコメント画面へ (4)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/643
2005年04月01日

 インフルエンザにかかって、ようやく落ち着いたと思ったら今週また発熱。Honeyが看てくれたり病児保育に預かったもらったりしながら、木曜日にようやく熱がさがったと思って今日の朝いつものとおり保育園に送りだそうと検温すると38℃。あれまあという感じ。今週休みがちでどうしても2時間ほどでも会社にいかないといけないHoneyにかわり午前中は僕が家に残ることにした。
 週の前半に熱が出たときに小児科で中耳炎の可能性があるので耳鼻科にいってみたほうがいいと言われていたのだけれど、木曜日に熱が下がったので行かずじまいだったこともあり、朝のうちに近くの耳鼻科に連れていった。診察開始の10分前にたどり着くと18人待ち。1人10分だとすると3時間!と青くなるがそんなことはなくて45分ほど待ったらちゃんと呼ばれた。

 待合室はこどもでいっぱい。8割がこども連れで、2割がその他という感じ。騒ぎ出す子、泣き出す子。以前だったら気になったかもしれないが今はもう平気。ふみまさは僕の膝の上でおとなしくしている。熱のせいで熱い。家のなかだったらいくら熱が出ていてもこんなにおとなしくないのだけれど、雰囲気に圧倒されて僕に抱かれたままでいる。30分ほどして眠り始めた。その後、次に診察を受ける人用の待合コーナーに移動しても眠ったまま。このままでも看てくれるのかなあと思いながら、名前を呼ばれたときに「さあ看てもらおう」と声をかけて勢いよく立ち上がって眠りから起こす。

 病状を説明して、では耳を見てみましょうということになってふみまさの耳を覗き込む医師。「耳垢で何も見えませんね。」いきなり先制攻撃。実は以前Honeyが看てもらいにきたとき、この子は耳垢が溜まりやすい体質なのであまりむやみに取ろうとしないように言われていたんだけれど。
 「今度はしっかり看てみましょう。」・・・「両方とも中耳炎になってますね。」「はあ。(で、中耳炎ってどんな病気?)」「小児科では薬を出してもらいましたか?」「はい。」「じゃあ薬を出してください。」「え?持ってきてませんが・・・」「・・・それじゃあ何もわからない。(静かに首をふる)」「はあ。(それって常識・・・なんだ・・・)」「今日は薬の出しようが無いから何も出しません。紙だけでいいのでこの次は、か・な・ら・ず持ってきてください。」「はあ。(で、中耳炎ってどんな病気でどんな対処が必要なの?)」そして、診察終了。

 中耳炎がどんなものかは結局、家に帰りついてからネットで調べた。そんなの常識だと思って説明してくれなかったのだろうか。ちょっと不親切だと思う。気おされてしまった僕もいまいちだったと反省。自分の家族のことなんだからしっかりしないといけない。風邪のときの鼻汁が感染元だそうだ。何度も繰りかえしかかって慢性になり、難聴になることもあるのだという。

投稿者 yhiroaki (23:57) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/642

 通勤途中に桜の花を目にする機会もずいぶん増えてきた。季節を先取りするはずが後追いになってしまっているけれど背景を桜に変更。背景画像はikoiの素材を使わせていただいた。

いつの間にかもう春まっさかり

投稿者 yhiroaki (23:17) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/641
2005年03月21日

 上野散策の締め、上野のコリアンタウンで韓国料理を食べた。これで川崎(お店の名前は失念)、新宿(オムニ食堂、松屋、ゆにや鐘路本家)、上野(アレンモク)と食べてまわったことになる。そういえば銀座の韓国摘草料理ハンガウィという韓国料理のお店にもいったなあ。ハンガウィはちょっと気取ったお店で他のまさに"食堂"という感じの店構えとはずいぶん違うタイプのお店。
 アレンモクは上野のコリアンタウンのなかでも雑誌やWebサイトの評判がいいお店。住所を頼りに少し迷いながらなんとかたどり着いた。入り口を入るとすごく狭い。カウンターに店の人が1人。正面には階段。階段をあがって2階に行くように言われて上がってみると、カーペットを敷いた座敷にテーブルが6,7つ。天井が低くて少し屋根裏部屋の気分。まさに"食堂"。
 雑誌などで紹介されていた海鮮チヂミとホルモン鍋を頼む。海鮮チヂミ絶品。真ん中のあたりの具沢山のところもおいしいけれど、端っこのほうの表面ぱりっと中身しっとりがすごくおいしい。唯一の難点はお腹がふくれすぎるところ。大人3人で食べたらもうそれだけで他の料理が食べられなくなる。その状態でホルモン鍋に。おいしいのだけれどホルモンが少ししつこい。お腹もふくれていて食べきるのに苦労した。最後に是非と思っていた鍋の残りでのおじやは満腹のため断腸の思いで断念。やはり韓国料理を食べにいくときには大人数でいくべきだと改めて思う。誰か胃袋貸してください。

絶品海鮮チヂミは右手前

--
アレンモク
03-3839-1472
東京都台東区上野2-2-8

投稿者 yhiroaki (23:55) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/640

 岸朝子の東京 五つ星の手みやげシリーズ第8弾、上野広小路岡埜榮泉の豆大福を食べた。上野動物園に遊びにいった時に購入。動物園の中で食べた。
 上野駅前岡埜榮泉の豆大福の紹介でも書いたが、上野には上野駅前と上野広小路の2つの岡埜榮泉があり、暖簾分けでもなんでもなく関係のないお店というのがまぎらわしい。そしてどちらも老舗として人気を得ている。めずらしい関係だと思うし、どちらかのお店の評判を聞いて買いにきて、違うほうのお店で購入したまま気付かず評判どおりおいしいわねえと思っている人も1人や2人ではないだろう。実際僕も前の記事へのコメントで教えてもらうまで気付いていなかった。

 さて、豆大福を食べてみた感想。こし餡とつぶ餡の2種類がある。塩味は上野駅前よりは抑え目で、関西育ちの僕には受け入れやすいけれど、やっぱり塩味が少し気になる。皮が分厚くて家庭料理のような手作り感があり、なんとなく安心できる味。洗練さ度合いという意味では上野駅前のほうが高いように思う。動物園のベンチで食べたので、ゆっくりお茶を入れて、というわけにいかなかったのが残念。次にもう1度上野に行く機会があったらどうするか。僕は上野駅前を選ぶかなあ。

上野広小路岡埜榮泉の豆大福

--
上野広小路岡埜榮泉
03-3831-6320
台東区上野2-1-9

投稿者 yhiroaki (21:21) | クリックするとコメント画面へ (1)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/639

 Honeyが上野の東京都美術館で開催しているミュシャ展(〜3/27)を観にいきたいということになって家族で上野に向かった。Honey1人が観ている間、僕らは上野動物園に行ってみることにした。ふみまさはまだ何がなんだかわからないとは思うのだけれど、公園にいく感覚でいけばいいかなと。
 3連休の最後の日、天気も良くて動物園は結構混雑していた。入り口から入ってすぐのところにパンダがいる。パンダを見たのは何年ぶりだろう。僕が子供の頃は長い列に並んで、遠くのほうにちらっと見えるものだったのだけれど、今どきはそんなことはなくて、人だかりは出来ているが居座ろうと思えばいくらでも居座れるし、少し時間をかければ最前列までたどり着けるし、パンダ自体もガラスからそんなに離れていない場所でたたずんで笹を食べたりしている。身近になったなあと思う。

パンダ
身近になったパンダ

 カワウソ、テナガザル、トラなどを見てまわる。驚いたのはふみまさが動物のほうを向いて目をそらさないこと。僕としては動物をバックにこちらを向いたふみまさの写真を撮りたいところなのだけれど、ふみまさがこちらを向いてくれない。呼びかけても駄目。しびれを切らしてこちら向きに向きなおさせても、すぐに動物のほうを向いてしまう。写真的にはいまいちだけれど、動物に興味を持ってくれるのはうれしい。彼の目にはどういうふうに映ってるのだろうか。ゴリラをみてうちのおうとうさんみたいとか思ってたりするのだろうか。

ゴリラ
あんまり動かないゴリラ

 Honeyとの待ち合わせの時間が近づいてきたので待ち合わせ場所の入り口に向かう。向かう途中で鶴の池があったのでそこでも写真を撮る。ここはほとんど見物客がいなくていい。鶴は人気が無いのかな。急がないと待ち合わせに遅れちゃう。

ツル
綺麗だと思うのだけれど

 Honeyと無事合流後、喫茶コーナーで休憩して象を観にいくことにした。もう閉園時間まで1時間ほど。だんだん寝床にもどる動物も多くなってきた。象も戻る前に体の汚れを落としてもらっているところ。ぎりぎり間に合った。象が横になって係りの人が竹箒でこすっている。動物が横になる姿はいつ見ても面白い。ああいう体の構造でも寝転がって起き上がれるのが不思議。


大きいねえ

 キリンをみてないことに気付いて駆けつけたのだけれど、すでに居なくなっていた。ちょっと残念。夕暮れのなかフラミンゴをみる。フラミンゴを見るとピンクレディーのサウスポーの口ずさんでしまうのは僕だけではないはずだ。
 ふみまさがどれくらいわかってくれたのかわからないけれど、刺激にはなったはず。何よりどんな動物にも心奪われ目を離さない様子になんだか感激。面白い1日だった。

フラミンゴ
ちょいと一本足で

投稿者 yhiroaki (20:44) | クリックするとコメント画面へ (17)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/638

 上野は不忍池のそばにある鰻の老舗、伊豆榮にいった。徳川八代将軍吉宗公の頃に店を開いたと言う。ただ、当時の蒲焼屋は小さなお店が多く店の歴史がきちんと残っているわけではないようだ。僕らはわりと老舗に弱い。何度も足を運ぶかどうかは別として、老舗と聞くと一度は行ってみようかと思う。

 11時過ぎに店に入ると比較的空いていて2階の掘りごたつ式の座敷に案内される。みんなでうな重を頼み、1つだけ白焼きも頼む。白焼きは30分ほどかかると言われ、うな重も同じ時間に出してもらうことにした。その間にふみまさ用に持ってきたお弁当を食べさせる。30分は長いなあと思ったが、かえって落ち着いて食べさせることができた。

 20分後くらいにまず白焼きが出される。ふっくら関東風。わさび醤油であっさりみんなでつつく。Honeyがふみまさにも食べさせると、店のひとにびっくりされた。もう、白焼きデビューですね。僕はこういうのはもう少し大きくなって味がわかるようになってからでいいんじゃないと思うのだけれど。でも、ふみまさもみんなが食べてるものを食べたさそうにするし、そういうときには食べさせてあげたくなる気持ちもわかる。

白焼き

 白焼きを食べ終わってから10分くらいしてうな重が登場。しばらく待たされたので、白焼きのほうが時間がかかるって言ってたよねーと少しいらいらした。うな重もふんわりとおいしい。うな重自体が一直線な味なので、もう少し量が少なくてもいいかもしれない。堪能。

伊豆栄

 支払いをしに1階のレジに向かうと何組も待っていてびっくり。時間帯を少しずらしておいて正解だった。

--
鰻割烹 伊豆榮(伊豆栄)
03-3831-0954
東京都台東区上野2丁目12-22

投稿者 yhiroaki (20:38) | クリックするとコメント画面へ (5)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/637

 春のお彼岸の季節。今年もHoneyがぼた餅を作ってくれ、みんなで食べた。そう、去年は見てるだけだったふみまさも。最近ほとんど僕らと同じものを食べている。もう離乳食は終わったといってもいいのかもしれない。とは言っても辛いものや脂っこいものは食べさせていないし、熱いものは冷ましてからじゃないと駄目なので、あんまり離乳食完了という実感がないのだけれど。

ぼたもち食べてます

投稿者 yhiroaki (10:21) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/636
2005年03月20日

 去年の今頃、梅と菜の花の咲く公園への日記で梅を観にいった公園に今年も出かけた。去年菜の花でいっぱいだったゾーンは別の花を植えている最中。どんな花なのかわからなかったけれど毎年趣向を凝らしているようだ。
 梅は今年も健在。梅の木の前でふみまさの写真を撮る。去年の今頃は寝返りが始まった頃。今はもう歩いている。写真もひとりで立っているところを写した。去年の、僕の腕の中に抱かれてる写真とは大違い。

不敵な表情
ちょっとご機嫌斜め?

 梅をみた後は公園の遊具のあるゾーンに。子供達がいっぱいでブランコやすべり台で遊んでいる。ふみまさもすべり台や馬の遊具で遊ぶ。馬の上で体を揺すると根元のバネで全体が揺れる遊具。本来の使い方で遊んでるのがなんだか凄い。前のほうに足を乗せるバーがあるのだけれど、そこまで足が届くのはずいぶん先のようだ。これって、何歳くらいの子供向けなんだろうか。ふみまさ、短足疑惑?

上手に遊べました
足乗せバーはずいぶん先

投稿者 yhiroaki (19:44) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/635