2005年05月05日

 去年の初節句は僕の出張で5月3日に祝うことになったが、ことしは5月5日に執り行うことができた。

 武者飾りをセットし、鯉のぼりを揚げるとすっかり気分もでてくる。新聞紙で兜をつくろうとしてHoneyが折り始めるが、折り方を忘れてしまっていてなかなか正しく折ることができない。僕は・・・さっさとネットで検索。だって、そらでは鶴も折れるかあやしい。すぐにわかりやすく折り方を解説しているサイトを発見。新聞紙の大きな兜をつくり、最近は以前ほど帽子を毛嫌いしなくなったふみまさにかぶらせてシャッターチャンスをうかがった。

兜をかぶり、動いたりせずに、
笑顔を見せてくれたら言うことないのだけれど
そうそう好条件は揃わない
武者飾りとふみまさ

 今年のごちそうはHoney謹製、ふみまさも食べられるお子様ランチ風ワンプレート。ハンバーグ、トマト味のスパゲティー、ちらし寿司、筍の煮付け、ほうれん草のおひたし。すごくおいしそうに出来たけれど、最近ぐにゃっとした食感が苦手になったふみまさはハンバーグを固辞し、ご飯ものもあんまり食べなくなっていてちらし寿司を無視し、筍の煮付けとほうれん草はイヤイヤを繰り返した。結局、ここのところ麺類がマイブームらしく、スパゲティをひたすら食べていた。Honeyがっくり。

どれもおいしそうなのに
端午の節句お祝いワンプレート

 去年の初節句の時にはHoneyの手作り柏餅と川端道喜のちまきだった。川端道喜のちまきは値段も破格だが、おいしかったので今年も続けても良かったのだけれど、別のところも食べてみたいと思い、とらやの羊羹粽なるものを今年は購入してみた。柏餅は鶴屋吉信の道明寺柏餅。
 とらやの粽は他にも外郎粽、水仙粽があって、どれも食べてみたくなり、Honeyと実家の父と僕の3人×3種類で9本購入。川端道喜のちまきよりも高くついた。えっ、ふみまさの分はって?もちろん9本ともふみまさの分。彼がまだ食べられないので僕らがかわりに食べているだけ。

 白色の外郎粽、透明な水仙粽、黒い羊羹粽。どれもおいしい。とらやの羊羹も味がしっかり目なのだけれど、この羊羹粽は少し水っぽいというか薄味になっていて食べやすい。おおもとの羊羹もこれくらいの味付けにしてもらったほうがおいしいと思う。
 鶴屋吉信の道明寺柏餅はヒット。道明寺のつぶつぶ感が、のっぺりとした味になりがちな柏餅に変化をつけてくれる。伝統には反するかもしれないが、これがスタンダードでもいいんじゃないかな。

とらやの羊羹粽
とらやの羊羹粽

鶴屋吉信の道明寺柏餅
鶴屋吉信の道明寺柏餅

投稿者 yhiroaki (22:17) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/670
2005年05月04日

 ふみまさの髪を使って筆を作ってもらおうとこれまでずっと伸ばしてきた。ふみまさは比較的髪が伸びないほうで1歳半の今でも頭の中心のほうは3,4cmほど。端のほうはようやく随分伸びてきて長いところだと10cm近くある。京都の龍枝堂という京筆、和文具のお店にお願いしようと聞いてみると、

  • 髪はおとなの手の親指ほど用意する必要がある
  • 筆にするには頭のてっぺんのあたりの髪がいい
  • 髪の向きを揃えて半紙等で包んで持ってきてほしい
  • 作るのに2ヶ月ほどかかる
などの話を聞いた。

 てっぺん周辺の髪はまだ短いのだけれど、さすがに鬱陶しくなってきているので切ってもらうことにした。まず僕が近所の散髪屋さんに向かい、1歳半のこどもの散髪をしたいこと、筆にしたいので5cmほどの長さで1cmほどの束にして欲しいこと、切った髪は筆にしたいので手間だけれど向きを揃えてほしいことを伝える。

 実家に戻り、Honeyとふみまさの3人でもう一度散髪屋さんに向かう。ついでに散髪中の撮影もお願いする。散髪用の椅子にこども用なのだろうか、直方体のクッションを設置しその上にふみまさを座らせて散髪開始。髪の長いところを中心にカットして持参した半紙の上に並べていってくれる。途中から散髪屋さんの奥さんが参戦。だんなさんが切った髪を手で受けて半紙に運んでくれる。が、受け損なって床に落ちてしまう。向きがばらばら。あっと思う間に拾って半紙の上に。ああっ向きが・・・。凍りつくHoneyと僕。

おとなしく散髪中
神妙な表情

 だんなさんが本当に5cmあるの?と思うような短さで髪を切る。僕らとしては切った後はどんな坊主頭になってもかまわない、くらいの意気込みだたのだけれど、散髪屋さんとしては出来上がりが気になり大胆には切れないみたい。筆、ちゃんとできるかなと心配になるHoneyと僕。名前を書く細筆になっちゃうかもね。

 小さいバリカンのようなもので際を揃えて、髪を洗ったもらい散髪完了。さっぱりしたふみまさは、これでおんなのこに間違われることは無くなるのではと思わせる男前になった。龍枝堂に持ち込むのはこれから。筆のほうがどうなるかはまた改めて。

カットした髪
どうなることやら

投稿者 yhiroaki (12:12) | クリックするとコメント画面へ (15)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/660
2005年05月03日

 GWに京都に帰省しているので、京都パープルサンガの試合を観にいくことにしたHoneyとふみまさ、僕の幼馴染の家族4人。僕の幼馴染はホームゲームは大抵観戦にいっている。ファンクラブにも家族全員が入っていて、ファンクラブ経由で入手した入場料が半額になる割引券を譲ってもらったり、交通機関の時間を調べてくれたり。
 幼馴染の家族は、5歳のおんなのこと2歳半のおとこのこ。5歳のおんなのこも試合の内容はあまりわからないようで観客席で遊ぶのが楽しいようす。というか他にすることがないのだろうけれど。ただ、おかあさんと留守番してる?と尋ねると一緒にいくと答えるのだそうだ。外に出るのが楽しい。行き帰りが一番のイベントなのかもしれない。2歳半のおとこのこのほうは試合中寝てしまうことも多いそうだ。親にとってもそれが一番楽ちん。

 京都パープルサンガは今シーズン、試合結果だけみれば絶好調でこの試合の前まで7勝2分けで負けなし。J2で首位を走っている。僕の住んでいるところではテレビ中継がなくて試合をみるのは今シーズン初めてなのだけれど、幼馴染曰く、勝ってはいても接戦続きで大きな実力差がある感じはしないとのこと。
 今日の試合もその傾向を受け継いだような試合で、前半は右サイドの星選手の突破が印象に残った。決定的なチャンスもあったけれど両チームとも逃し0-0。どちらかが押している感じはなく5分5分の展開。
 後半に入って京都パープルサンガが6分4分くらいで押し気味になってきたのだけれど、なかなかゴールがうまれない。日本代表の試合のようなじりじりした気分になってきた後半37分、左サイドの三上があげたクロスをFWの田原がヘディングでゴール。この1点を守りきって勝利を挙げた。これで8勝2分け。今年はJ2優勝で昇格だ!

ふみまさも応援に熱が入る?
暑かったけど勝ってなにより


 今日の西京極球技場は1万人以上の観客でスタンドも紫色に染まりホームゲームらしい雰囲気。数年前に観にきたときより格段に根付いてきている。今シーズンは勝っているからではないかとも思ったけれど、幼馴染曰く、去年くらいからスタンドの雰囲気が変わってきたのだそうだ。
 天気もよくて雨の心配はなかったのだけれど、日差しが強烈でちょっとぐったり。日焼け止めをしていなかったこともあり、お風呂で鏡をみたら鼻の頭やおでこが真っ赤になっていた。ふみまさも手の甲が浅黒くなっている。赤くなっていないということは・・・ひょってして地黒?1列前の席も家族連れでおとうさんはおとこのこのカードゲームの相手をしながら声援をおくっていた。
 ふみまさは当然試合には興味を示さず、幼馴染のこどもたちと一緒にスタンドを放浪。5歳のおんなのこは僕たち以上にふみまさが言っていることがわかるみたい。なんだか不思議。彼女はなにかとふみまさの面倒をみてくれる。さすがおねえさん。
 試合終了後、おんぶっこバギーを背負子にしてふみまさを背負って帰ると、通勤電車のサラリーマンのようにこっくりこっくりしだすふみまさ。日光にあたって、歩きまわって疲れたのだろう。

投稿者 yhiroaki (20:53) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/659
2005年04月24日

 気管支炎だからと世を儚んでばかりいてもしかたないので今日は近くの公園にでかけた。今日は天気もよく温度も20℃前後、からっとしていてまさに快適。暖かいのだけれど暑くはなくてほんの少し肌寒いようなやっぱり暖かいような。こういう日に日差しの中、町を歩いていると涙がでてきそうになる。こういう時、生きているって最高だと思う。
 実は今日は僕1人で映画にでかけた。今はふみまさがいるのでHoneyと一緒に映画館にでかけることはできない。だから映画を観にいくのは同じ作品でも交代で、ということになる。今日は僕の番。最寄の駅から映画館まで歩いているとああ、この感じ!すごく気持ちいい。こんな日はもう少しこの感じを味わっていたい。映画が終わった後はHoney&ふみまさと待ち合わせて買い物の予定だったので、Honeyに電話をかけて買い物の後に公園に出かけようということになった。

 行き先はいつもの公園。同じように考える人が多いのか駐車場はクルマで一杯だった。ふみまさは、買い物の時におまけでもらった風船がすっかり気に入った様子。この風船、ひもの先に厚紙がついていて、その重みで手を離しても飛んでいかないようになっている。

チューリップと風船
お気に入り

 犬を連れた散歩の人がいっぱい。動物園に行った時もそうだったけれど、ふみまさは動物に興味津々。わんわん、と言いながら犬のほうを指差している。そう、最近、わんわんとか、ここ!ここ!とかの言葉を使いこなすようになってきている。意味もちゃんとわかって使っているようす。
 菜の花のゾーンにいってみる。去年はGWを過ぎてもずっと黄色の花が一面に広がっていた場所。いってみるともうほとんど花が残っていない。どうしたんだろうと思って脇の道を歩いていると立て看板があり、5月初旬に刈ってしまうので花を摘んでもいいとのこと。みんな摘んじゃったんだ。街中にいると摘んでもいい花なんてめったにないから、いい機会だったのかも。ふみまさがもう少し大きかったら、僕らも残っている花を摘んだんだろうな。

投稿者 yhiroaki (21:25) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/651

 今年の桜は天候にも恵まれて、ちょうど週末に満開になり花見にちょうどよかった。ただ、満開の時に強風であっという間に散ってしまった気がする。この潔いというか名残惜しい感じも桜らしくていいのだけれど。
 そうこうしているうちに、もうチューリップが満開。背景もあわててチューリップに変えてみた。画像はikoiの素材を使わせていただいた。

チューリップ

投稿者 yhiroaki (21:02) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/650

 ふみまさ、今度は喘息性気管支炎。前の週が中耳炎だったと思ったら。19日に熱が37.5度まであがり、息をする時にヒューヒューという音がする喘鳴がでて夕方に保育園から連絡があり、Honeyが迎えに行ってくれた。次の日は病児保育の予約が間に合わずやはりHoneyが仕事を休んで看病。木曜、金曜と病児保育に預かってもらった。
 保育園から呼び出しがあった日以降は熱は下がったのだけれど、痰が絡んだような咳をずっとしている。今の段階では喘息なのか一過性のものなのかは判断できないらしい。土曜は僕が小児科に。まだ完治とは言えないとのこと。小児科や病児保育先で吸入をしてもらっている。一過性のものだったらいいんだけれど・・・。
 熱が下がった後は咳は続いていても、すっかり元気に遊んでいる。家の中でも寝てると起こしにくるし、ず外に出してくれ!とせがまれる。今日は気候がよかったので公園に遊びにいった。遊具のある場所でひとしきり遊び、砂場では他のこどもと一緒に遊ぶところまではいかないけれど、並んで土いじりしていた。こうしてると普通なのになあ。

投稿者 yhiroaki (19:06) | クリックするとコメント画面へ (257)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/649
2005年04月17日

 毎年、この時期になると実家の母(HoneyMam)が旬の筍を送ってくれる。京都は大枝の筍だ。結婚した当初、母が筍をたずさえて僕らのところを訪ねてくれ料理の仕方を教えてくれた。ポイントはとにかく急いで茹でること。
 外側の硬い皮を取り除き、柔らかい皮は中の身を切らないように包丁で切り目を入れる。次に筍全体が水に浸かるように大きな鍋で茹でる。この時軽く一握りの米を入れるのだが大枝の筍はえぐみが少ないため入れなくてもいいそうだ。竹串を刺してすっと通るようになったら茹で上がり。茹で上がったら水にさらして料理に使うまで水につけたまま保存する。数日のうちには食べる。
 今年は、煮付け、吸物、別の日にたけのこの千切り炒め、たけのこご飯、木の実和えをHoneyが作ってくれた。たけのこの千切り炒めは今年初めて挑戦したもの。レシピは以下のとおり。

<材料>
ゆでたけのこの根元:400g
生しいたけ:60g
にんじん:40g
セロリ:30g
赤とうがらし:1/2本
ごま油:小さじ1
砂糖:大さじ3
しょう油:大さじ3

<作り方>
(1)たけのこは縦千切りにする。
(2)生しいたけ、にんじん、セロリを千切りにする。
(3)赤とうがらしは種を除いて輪切りにする。
(4)鍋にごま油を熱して、赤とうがらし、たけのこ、にんじん、セロリ、生しいたけの順に入れて炒め、油がまわったら砂糖としょう油を加えて炒りつける。

煮付けと吸物
煮付けと吸物

たけのこの千切り炒め、たけのこご飯、木の実和え
たけのこの千切り炒め、たけのこご飯、木の実和え

投稿者 yhiroaki (22:44) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/647
2005年04月16日

 今日Honeyがふみまさを耳鼻科に連れていってくれた。先週80%治っているといってもらった中耳炎の経過を看てもらうため。完治してると言ってもらったそうだ。一安心。でも、また風邪をひいたら連れておいでだって。風邪ひいたら小児科じゃなくてまずは耳鼻科なんだと認識を新たにする。

投稿者 yhiroaki (18:17) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/646
2005年04月10日

 去年に続いてHoneyが桜おこわを作ってくれた。春。
 桜の塩漬けを水で戻した際の塩分をおこわの味付けにするのだが、この濃度が難しいようだ。今年も少し塩から目の味付けに。ちょっと残念。来年リベンジ?

春の色合い

 ところで、ちょうど数日前に去年の日記に桜の塩漬けの作り方についてコメントをいただいた。その時の内容を再掲しておく。

(桜の塩漬けの作り方の抜粋)
1.5〜6分咲きの花を花柄(つる)ごと採取する。
 満開の花だと色が褪せたり、花弁が取れたりするため。
 品種は濃紅紫色の八重桜が適している。
2.採取した桜花は薄い塩水でていねいに洗った後、ざるに入れてよく水を切る。
3.塩と水を同量にして煮立て、色の出を良くするためにヤキミョウバンを入れる。
4.ひたひたに漬け汁を注ぎ重石は軽めにして4,5日間漬ける。
 長期間保存したいときは、桜花と塩を交互に敷き詰めて漬ける。
5.取り出したら絞って水を切り、冷蔵する。
 水を切ってから、ざる又は新聞紙に広げて半日ほど干しておく方法もある。
(参考:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/08/0815.htm)

投稿者 yhiroaki (23:52) | クリックするとコメント画面へ (3)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/648

 こどもが初めて話す言葉は何か、親にとっては一大イベントで、それがママなのかパパなのかとか、本当はお母さん、お父さんと呼ばせたくても呼びやすさを考えて最初はママ、パパで妥協するというような話を時々聞く。
 ふみまさの最初の言葉はどうやら「あーあ、落ちた」で決まりのようだ。食事の時ふみまさはベビーラックに座らせているのだけれど、おなかもだんだんふくれてきて食事に飽きてくるとモノをわざと落とすようになってくる。育児書を読むとこどもはそうやって親の反応を確認しているのだそうだ。落としたあと落ちたモノを指差して落ちちゃった、拾って拾って!という仕草をする。そんな時僕らが「あーあ、落ちた」と言っていたのを多分真似たのだと思うのだけれど、自分でわざと落としておいて「あーあ、落ちた」とのたまう。「落ちたじゃなくて、落としたでしょ!」とちょっと恐い顔で凄んで見せたりしてもどこ吹く風、「あーあ、落ちた」と繰り返し、僕らが拾うまで指差している。

 ただ、言葉の意味自体はあまりわかっていない様子。いろんな場面で「あーあ」と言っている。先日Honeyが散歩に連れ出してくれたとき、近所の同い年くらいのこどもが歩いていてこけてしまったのをみて、「あーあぁ」と口走っていたらしい。そのタイミングが絶妙でおかしかったのだけれど、先方のお母さんの手前かなり恥ずかしかったと言っていた。TPOをわきまえないとね!

投稿者 yhiroaki (21:47) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/645