ふみまさは現在1歳7ヶ月。同じ月齢で授乳が必要なこどもは少なくなっている。桶谷式では1歳3ヵ月以降で時期をみて断乳を始めるそうだ。ふみまさの場合は4月から保育園を移っているので、桶谷式の助産婦のかたから新しい保育園になれる頃まで待ったほうがいいのではというアドバイスがあり今の時期を選んだ。

 断乳は準備、本番、アフターケアの3つの段階にわかれている。まずは準備段階を昨日から始めた。1週間後の断乳本番の日をカレンダーに印をつけて、毎日ふみまさに「おっぱいをあげなくなっても、ふみまさのことが大好きなのは変わらない」ということを伝えるのだそうだ。ふみまさも僕らの言うことが少しづつわかりはじめている。断乳のことがわかると知恵熱を出したり、激しくぐずったりするこもいるらしい。

 慎重派のHoneyは断乳した後に泣くのをみておっぱいをあげてしまったらどうすればいいのか聞くことも忘れない。助産婦のかたは「あなた自身がもう十分おっぱいをあげたと思っているのかどうか。求められたらあげてしまう状態だったら断乳を始めるべきではない」という趣旨のことをビシッと言われてしまったそうだ。

 準備期間をそうやって過ごし来週の土曜日が断乳本番。朝から助産婦のかたを訪ねマッサージを受けた後、最後の授乳。そして、おっぱいにマジックで顔の絵を書いてふみまさに見せるのだそうだ。ちょっと妖しい儀式。桶谷式の創始者、桶谷そとみさんはどうやってこの方法にたどり着いたのか興味がある。顔を描いたおっぱいを何度かこどもが確かめにきて、もうおっぱいが飲めないことを納得したら断乳の本番が完了する。

 さらに、次の週の土曜日に母体のアフターフォローとして、Honeyが母乳マッサージを受けて断乳の手順が全て終わるそうだ。

 ふみまさにとっては断乳は多分、一大事。毎日寝つくのはおっぱいを飲みながら。何かいやなことがあってもおっぱいを飲んでいれば安心できる、最後のよりどころのようなもの。風邪をひいてぐったりしている時でも母乳だけは飲むことができた。無事、断乳がスムースにいくように、僕は祈るしかない。

投稿者 yhiroaki (12:58) | クリックするとコメント画面へ (207)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/679
2005年05月28日

 保育園の連絡帳に何度かトイレトレーニング?のことが出てくるようになった。まだトレーニングが始まる時期じゃないのだけれど、ふみまさがトイレでおしっこをすることが何度かあったそうだ。家でもふみまさが「ちー、ちー」と言うことがある。おしっこのことを「ちー、ちー」というのは多分、保育園で覚えた言葉。「ちー、ちー」と言うとHoneyがトイレに連れていってみて、トイレの上に簡易オマルを乗せてみるのだけれど家ではまだトイレでおしっこ成功には至っていない。

 トイレトレーニングはまずおしっこの出る音を聞く・目で見るということから始まるそうだ。そういえばしならく前に何度か僕についてトイレに入ってきて僕がおしっこしているのを見ていた。すごーく興味深そうに眺めていたから、あれがキッカケの1つだったのかも。まあ、まだ始めようとは思っていなかったので焦らずにいこうと思う。

投稿者 yhiroaki (20:21) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/678

 5月11日に1歳6ヶ月検診を受診。Honeyが区役所に連れていってくれた。体重10.5kg、身長79.4cm、胸囲45.2cm、頭囲51cm。ひとりで上手に歩け、ママ、ブーブーなど意味のある言葉をいくつか話せる。歯の仕上げ磨きを親がやってあげるように指導される。

 問診の前のアンケートに"指差しができるかどうか"という項目があり、Honeyがどういう意味かわからずに空欄のままにしていると、絵本を一緒に見ながら、例えば「クルマはどれ?」と聞くとクルマを指し示せるかどうかということだった。そんなのできないと思うけれど・・・と思いながらその場でやってみると、クルマと犬を指差せたそうだ。いつのまにか僕らが言っていることがわかるようになっていた!

 いったいいつ頃からなんだろう。いったいどれくらいの言葉がわかるのだろう。普段一緒に暮らしている僕らも気付かないうちにどんどん成長していく。

投稿者 yhiroaki (15:57) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/675
2005年05月22日

 前回、乗馬にいったのは去年の9月。水戸にある中島トニアシュタールという乗馬クラブを訪ねた。その時のレポートはこちら。去年の11月頃にもう1度いく計画を立てていたのだけれど、ふみまさが熱を出してドタキャン。一緒に行こうと約束していた友人を1泊2日の1人乗馬合宿させるはめになった。

 それからもう8ヶ月、ずいぶん間隔があいてしまったけれど、久しぶりに乗馬を楽しんできた。場所は小淵沢のララミー牧場。中島トニアシュタールのある水戸はとてもやさしくレッスンしてくれるので観光気分で乗馬をしている僕らにとってはとてもいいところなのだけれどまわりに何もないというのが難点。一方、今回のララミー牧場は少し厳しい目のレッスン。乗馬はひとつ間違えれば大怪我をするスポーツだしこれはこれでいいのだけれど。そして、まわりは観光地小淵沢にふさわしくペンションやレストランがいっぱいあって色々楽しめる。

 お昼前に小淵沢に到着し、まずは腹ごしらえ。ララミー牧場から歩いて10分程、テラスのあるレストランで食べることに。Honeyが鶏の赤ワイン煮、僕が鱸の揚げ焼き。気候がよくて気持ちいい。牧場に戻る途中でソフトクリームを食べる。甲府らしく巨峰のソフトクリームがあって、春か夏にララミーにくると大抵食べる。Honeyはバニラと巨峰のハーフ、僕は巨峰。

 1泊2日で参加者全員3鞍づつ乗る。僕は3鞍ともゲイルという名前の馬で部班。駆歩発進の練習をしているくらいのレベルで1年近く乗っていないと伝えて練習開始。3鞍ともひたすら軽速歩で蹄跡をまわる。そしてときどき速歩。ひたすらこれを繰り返す。駆歩の練習もしたいなあと思わないでもなかったけれど、これはこれで練習になった。

 同じように軽速歩でまわっていてもうまく乗れているように感じる時もあれば全然駄目な時もある。馬の動きとリズムが合わないときが一番乗っていて楽しくない。はい、リズム感ないんです僕。特に乗り始めてしばらくの時間帯は駄目。しばらく速歩で馬に突き上げられているとリズムがあってきて、その後の軽速歩が楽になるのだけれど。これまで50鞍以上乗っているけれど、前回の中島トニアシュタールと今回のララミーで、ようやく自分が姿勢が悪いのが実感できてきた。ここまでそっくり返らないといけないんだなあという感じ。もちろん猫背になっている時間帯のほうが長い。ビデオをみるとそれがよくわかる。近いうちにまた練習にいきたいなあ。体育会系を目指してはいないので外乗にもいきたいけれど。

 夜は富士見高原ペンションビレッジのなかにあるKEN HOUSEというペンションに宿泊。オーナーは京都出身。タラの芽のてんぷら、鮎の燻製、豚肉の炭焼きソテーなどこだわりの夕食。夕食の後は談話コーナーでだらだら話すのも楽し。部屋はシンプルで気持ちいい。
KEN HOUSEの夕食

 2日目の最後に僕らにとって今回のメインイベントである、親子引き馬に挑戦。馬にHoneyとふみまさが乗り、乗馬クラブのスタッフの人が手綱を引いて馬場を3週する。僕はビデオ係り。Honeyが側にいるからか、ふみまさはごきげん。馬の上で僕らに笑顔で手を振る余裕っぷり。
Honeyとふみまさの親子引き馬

 帰りに小淵沢の道の駅に寄る。無料の足湯コーナーでほっこり。お土産に遠くから買いに来る人も多いと宣伝してあったアップルパイを買ってみた。
道の駅の足湯

 お昼に甲府名物のほうとうを食べようと、中央道の小淵沢出口を出て左折するとすぐ左手に見える食堂でたべる。全員でかぼちゃほうとうを食べる。ここのほうとう、具の野菜がおいしい。かぼちゃ、じゃがいも、にんじん、だいこん・・・。鰹ダシのスープもおいしい。麺はつるつるすぎるのがちょっと気になった。キメが細かすぎる麺はなんだかチープな感じがするんだなあ。

 乗馬、ペンションの食事、レストラン、道の駅、久しぶりの小淵沢を堪能。

投稿者 yhiroaki (19:18) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/677
2005年05月20日

 HiLOGを開設した目的の1つは孫の様子をできるだけリアルタイムに実家のじーじやばーばに伝えられたら、というものだった。実家が比較的遠いので、年に何回かの帰省の時にしか顔を見せることができない。ブログを使えば写真や文章で成長の様子を伝えることができる。この目的はわりと達成することができて、ふみまさが病気をした時なんかにそのことを書いて、治ったことを書くのが遅くなると、心配するじゃないかと叱られるほど。

 もちろん、ふみまさの成長の様子を記録に残しておきたいという目的もある。ちなみに僕の父に、僕がふみまさの頃の様子を聞くと、もう忘れてしまったよと言われてしまう。日々の生活に一生懸命になっていたらそういうものかもしれない。でも、こうして記録に残しておければずいぶんと違うと思う。僕自身の自己表現という目的もある。自分の思ったことをこうして文章に書くのはなかなか楽しい。こどもの成長のことを書いていれば、少なくとも今のうちはネタに困ることはあんまりない。

 これはこれでできるかぎり続けていこうと思っている。そして、これとは別にもうひとつ、じーじやばーばにもっとふみまさとコミュニケーションをとってもらおうと思って、正月に帰省した時に実家のパソコンにWebカメラを導入した。メッセンジャー・ソフトを使ってテレビ電話を実現しようと思ったのだ。幸い実家は両方ともADSLを導入しているので、あとはWebカメラを購入すればいい。ネットで製品の評判などを調べて、ロジクールのQV-60HSという製品を購入した。

 我が家の、僕のデジカメがWebカメラ機能を持っていたので、当初は三脚にデジカメをのせてWebカメラとして使っていた。Webカメラは高級機を除きCMOSなのに対し、デジカメはCCD。ふみまさの様子をできるだけ綺麗に映すことができたらという理由から。でも、三脚を出してきて、という作業が面倒になり、しばらくしてからWebカメラを導入。実家の父に聞くと画質に大差ないとのこと。パソコンで見ていると画質は雲泥の差なのだけれど、ネットワークを介すと帯域の制限があるのであまり解像度を上げられないということなのだろう。

 Webカメラを導入してから、僕のほうの父とは毎週末15分くらいテレビ電話でつないでいる。パソコンの向こうから「ふみまさ、ふみまさ」と呼びかけてくれている。例えば、ふみまさがもう少し大きくなって自在に言葉を話せるようになったら、普通の電話でも十分かもしれない。ただ、今は受話器をあてても満足にコミュニケーションはとれないので、こういうグッズが役に立つのだと思う。

 こどもがふみまさと同じくらいで実家が遠いかたは、一度試してみてはいかがだろうか。親孝行ができるかもしれないですよ。

ふみまさと実家の父とでテレビ電話
ふみまさと実家の父とでテレビ電話
--
ロジクールのQV-60HS

投稿者 yhiroaki (22:47) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/673

 今年は6月19日が父の日。この父の日に、おやこでゆび相撲をしようということを提唱しているかたがいる。

■6月19日(日)は、<父の日>。

 【父の日には、ゆびずもう!】produced byダッドガレージ
   ↓↓↓
 http://www.dad-garage.com/finger.html

母の日にカーネーションがあるように、父の日にゆびずもう、なのだそうだ。父の日にはバラの花なのでは?と思わないでもないけれど、カーネーションやバラはこどもから母親、父親へのプレゼントなのに対し、ゆびずもうは一緒に遊ぼう、コミュニケーションをとろうというもの。その違い具合が逆におもしろいなと思い紹介しようと思った。
 ふみまさはまだ1歳半なので、今年の父の日にはゆびずもうで遊ぶのはできないかもしれないけれど、ちょっとやってみようかという気になるのが面白い。みなさんもいかが?

投稿者 yhiroaki (22:20) | クリックするとコメント画面へ (2)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/674
2005年05月19日

 先日、友人の結婚式に家族3人とも呼んでもらい出席した。新婦はHoneyの学生時代の友人で、Honeyと僕が結婚した時に披露宴の司会をやってくれたかた。あの時はすばらしい司会、どうもありがとう。
 結婚式の会場はもともと誰かの別荘だった場所を結婚式などのために提供しているところ。芝生の庭、チャペル、プール、パーティ用の会場からなる場所で、当日はものすごく天気がよくてとても気持ちのいい時間を過ごすことができた。芝生に椅子を並べて屋外で挙式。人前式だったので参列した僕らが立会人ということになる。なんと、ふみまさも1歳半にして立会人の1人に名前を連ねた。
 2人が愛を誓い合った後、屋内のパーティスペースで披露宴。ケーキカットの後、お互い目隠しをしたまま、どちらが相手にケーキを上手に食べさせられるかを競ったりして楽しませてもらった。ケーキは披露宴の最後に挙式をした芝生のところで2人がサーブしてくれた。気持ちのいい気候で屋外を上手く使った素敵な結婚式だったと思う。お幸せに!

一張羅でおめかししたふみまさ
式が始まる前にプールサイドのテーブルで
結婚式前に佇むふみまさ

投稿者 yhiroaki (23:39) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/672
2005年05月18日

 talk to oneself 2 : MT4i 2.0公開開始で公開されているMT4iというcgiを導入してiモード等の携帯電話からHiLOGにアクセスできるようにしてみた。MT4iは優れもので、閲覧はもちろん、コメントを付けることもできる。

 携帯電話用のURLはhttp://hilog.net/mt4i.cgi。これで、パソコンの前に座るのもおぼつかないくらい忙しくても、HiLOGを読み、コメントすることができる。

 iモードでなくてもau、vodafone、tu-kaでも大丈夫らしい。何か不具合があったらコメントください。

 カメラ付きの携帯電話でバーコードに対応しているタイプをお持ちの場合はこちらからどうぞ。
HiLOG.png

投稿者 yhiroaki (00:00) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/671
2005年05月08日

 近くの公園でにブランコがある。Honeyや僕がブランコにのって、太腿のうえにふみまさを乗せてブランコ遊びを時々していた。今日は思い切ってふみまさをひとりで乗せてみる。ブランコに座らせて、手で鎖を握らせる。ふみまさが握っている手の上から僕がさらに握る。

 ブランコを漕いでみる。ぐいーん、ぐいーん、ぐいーん。楽しそうにしてる。バランスを崩しそうになるけれど、僕が握っているから大丈夫。漕ぐのをやめて、そっと手を離してみる。前や後ろに倒れないか様子をみる。大丈夫そう。携帯電話のカメラでポチっと撮影。

ひとりでブランコに乗るふみまさ

投稿者 yhiroaki (17:40) | クリックするとコメント画面へ (13)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/676
2005年05月06日

 5月に入り背景を藤の花に変更。これで6月に入るまではこのままでいいかな。柚莉湖♪風と樹と空と♪の素材を使わせていただいた。

藤の花

投稿者 yhiroaki (14:09) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/669