2005年12月25日

 新橋駅の烏森口、烏森神社のそばにある鮨処 しみづという寿司屋を訪れた。新橋鶴八で11年修行した清水氏が独立して開業したお店だという。

 前の日に予約をすると個室だけが開いているという。僕らはこども連れなのでそのほうが都合がいい。お店に入ると1階がカウンターで、カウンターの奥の階段をのぼると2階が個室になっている。まずはつまみと日本酒。日本酒は冷でも燗でもおいしいからこれにしているという「白鷹」一種類。飲みすぎて何を食べても同じ、というようにならないようにお酒は少なめにしておいた。

 つまみはまず、ヒラメ・マグロ赤身・つぶ貝のお造り。どれもおいしい。給仕はきりっとしたまるで板さんのような若い女性がしてくれた。「もう少しおつまみをお持ちしましょうか、それとも握りましょうか」とその女性。まだお酒が残っていたのでもう少しつまみをもらう。鯖を酢で締めて炙ったやつが脂がのっておいしかった。

鮨処 しみづのお造り
鮨処 しみづのお造り

 その後に「おいしいところを」とおまかせで握ってもらう。ちょっと固めの独特な食感のしゃり。僕は普段のご飯でも固めがすきなのでこれはおいしいと思った。あぶってみたりしょうがを添えてみたりという江戸前特有のひと仕事が施してあるお寿司がなかったのが残念。つまみを結構食べたのであっさりしたお寿司を選んでくれたのかもしれない。次に訪れる機会があったら今度は最初から握ってもらおう。

鮨処 しみづの握り
鮨処 しみづの握り

 ふみまさの食事は持ち込んでもかまわないということだったのでレトルトのシチューだったか、カレーだったかの幼児食を持ち込む。寿司飯を頼んでかけて食べさす。軽くもった寿司飯をふみまさがすぐに平らげたのでおかわりをお願いする。「寿司飯はおかわり自由なのでいくらでも食べてくださいね」と給仕の女性。個室なので、ふみまさが少々暴れても大丈夫。落ち着いて食べることができた。

--
鮨処 しみづ
03-3591-5763
港区新橋2-15-13

投稿者 yhiroaki (22:24) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/958

 駒形どぜうでどぜうなべを食べた後、浅草から地下鉄、新交通ゆりかもめと乗り継いで、お台場にある温泉テーマパーク、大江戸温泉物語にいってみた。

 入館するとまず「帳場」で入館料を支払う。料金は4歳〜小学生と中学生以上の2段階になっていて、3歳以下は無料。Web大江戸町人クラブなる無料の会員登録をしておくと数百円割引になるので僕は利用してみた。1名登録しておけばグループ全員に割引料金が適用されるようだ。

 料金を支払うと「通行手形」を受け取る。この通行手形で館内の買い物ができて退館時に清算するというシステム。箱根小涌園ユネッサンでも同じキャッシュレス・システムを導入していた。お風呂に入るので財布を持ち歩くわけにもいけないからいいシステムだと思う。僕自身は把握していないけれど、最近のスパ・リゾートでは一般的なんだろうと思う。

 つづいて「越後屋」で好みの浴衣と帯を選ぶ。浴衣は全部で十種類以上あるのだけれど是非着たいと思うようなものはなくどれでもいいや、という感じ。浴衣を受け取った後は一旦男女分かれて更衣室で浴衣に着替える。通行手形と入浴用品のみを持ち「広小路」でと待合せ。

 浴衣に着替えているときに、隣で着替えていた学生グループから浴衣の下に下着は着けるべきか尋ねられる。ロッカーがここしかないのだったら、入浴時の下着の置き場に困ると言うことらしい。このあたりは館の案内が不十分だと思った。ちなみに浴場の入り口にも脱衣場とロッカーがある。広小路では男女合流するわけだからよく考えてみれば下着を着けないはずはないわけなんだけれど。

 「広小路」は江戸の下町を再現したようなおみやげ物と駄菓子屋などの飲食スポット。横浜のラーメン博物館が思い出される。装飾の凝りようはラーメン博物館が上でちょっと安易なつくりになっていると感じた。残念。

 まずはみんなで足湯に向かう。ふみまさはズボンを脱いで下半身はオムツ一丁の姿に。比較的広いスペースに小川のような細長くてくねくね曲がった足湯になっている。足湯の底は足のツボを刺激するようにゾーンによって異なる大きさの小石が埋め込んである。この小石が結構出っ張っていて歩くと痛い。痛がっている僕らを尻目にふみまさだけは、平気な顔で歩いている。まだ体重が軽くて痛くないのだろうか。足湯ゾーンの1番奥に湯船があって少し温度が高く設定されているようだ。

 僕たちのように家族で訪れるケースでは、男女が一緒に楽しめる足湯をメインに楽しんで、男女別になる浴場はオマケになる。足湯だと写真撮影ができるのも楽しい。

大江戸温泉物語の足湯
大江戸温泉物語の足湯

 足湯を楽しんだ後、浴場へ。屋内浴場と露天風呂がある。浴場の中央に木製湯船のくすり風呂がある他はオーソドックスな浴場だと思う。でもお風呂はやっぱり気持ちいい。

 全体的には、料金が高めな割には満足度は低く、スーパー銭湯系の施設のほうがコストパフォーマンスは高いと思う。ここでなければ!と思えるような施設・サービスが出てこないとリピータを獲得するのは難しいのではないか。

--
大江戸温泉物語
03-5500-1126
江東区青海2-57

投稿者 yhiroaki (20:36) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/949

 浅草の老舗店で天丼やどじょう鍋などの下町グルメを堪能したい、と思っていて今回、どじょう鍋を食べにいくことになった。雷門をでてまっすぐ進みワンブロックほどいった角にある、駒形どぜうというお店を選んだ。駒形どぜうは享和元年(1801年)創業で、どじょう一筋200年という。お昼のピークになる前にと思って11時少し過ぎたくらいにお店に到着した。お店の概観は瓦葺きで1階の壁には御簾のようなものが施してあって、下町の旅籠風というのか、残念ながら僕には江戸の風物に関する造詣がないのでわからないのだけれど、下町の雰囲気を醸し出していると思う。「感謝二00年」という大きな旗がまぶしい。

 開店時間が11時でまだそれほど時間がたっていないこともあってか、目論見どおりまだ混雑していない。僕らは並ぶこともなく2階の大広間に案内された。どぜうなべ、田楽、どぜう汁、お新香、ご飯がセットになった、どうぜうなべ定食をみんなで頼んだ。直径15cmほどだろうか、底の浅い鉄鍋にどぜうが一面入ったものが持ってこられる。テーブルのコンロに火をつけて鉄鍋を乗せる。

 「食べ方はご存知ですか」と仲居さん。この仲居さん、昔はちゃきちゃきだったんじゃなかろうかと思わせるてきぱきした給仕ぶりで気持ちよく食事ができた。初めての旨を告げると、どぜうはもう火が通っていること、鍋に葱をたっぷり盛るとおいしいこと、ひと煮立ちして葱がしんなりしたら食べごろだと教えてくれる。 

 どぜうはほんの微かに土っぽい臭みがある。味噌味のダシがぴったりくる、クリーミーな味わい。丸ごと食べるので僅かに骨の感触があるけれど柔らかくなっていてそのまま食べることができる。箸でつまむのも苦労するくらい柔らかくなっているのだけれど、喉越しで食べるようなものではなく、味わって食べる食材だなあと思った。この微かなクセが気になる人もいるかもしれないが、僕はまた食べたくなる味だなあと思った。このお店はなんといってもどぜうなべが看板メニューなんだなあと思う。再訪するときには多分どぜうなべとご飯を頼むだろう。

 駒形どぜうには、どぜうの他に、冬季限定でなまずなべも出すそうだ。ゲテモノ好き、もとい、珍しい物好きのHoneyがこれに反応。僕も少し興味がある。わりとすぐに再訪の機会があるかもしれない。

駒形どぜうのどぜうなべ
駒形どぜうのどぜうなべ

--
駒形どぜう
03-3842-4001
台東区駒形1-7-12

投稿者 yhiroaki (19:52) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/948
2005年12月24日

 今日はふみまさにとって3回目のクリスマス・イブ。今回はクリスマス・ディナーにはしなくて、ランチ・パーティーにすることにした。ご馳走を食べた後、クリスマス・ケーキのおでましになるわけだけれど、夕食にするとご飯でおなかいっぱいになってしまって、ケーキが食べられなくなるというのが理由。ランチにすれば、ケーキまで少し時間をおくことが出来る。

 今年もメインディッシュは七面鳥の丸焼き。いつもは大きくなったターキーを使うのだけれど、今年はお肉が柔らかそうというHoneyのチョイスで若鳥を注文してみた。同じターキーでも若鳥のほうが確かに柔らかくて食べやすい気がする。また、ターキー独特のクセのある味が薄くて、クセが嫌な人にはよさそう。僕らはあの味がしてこそターキーだと思っているので少し物足りない。とは言っても若鳥全般がそういう傾向なのか、たまたま今回のがそうなのかはわからない。Honeyの提案で1年おきくらいで交互に試してみようということになった。

クリスマス・イブのご馳走
クリスマス・イブのご馳走

 去年のターキーは見てるだけだったふみまさ。今年はもう大抵のものだったら食べられるようになっているので、ターキーも、ちょうだいと意思表示して美味しそうに食べていた。今年はふみまさ用に取り分けはしなくて、僕らのおすそ分けにしたけれど、来年はふみまさの分としてきちんととりわけないといけなさそう。

 少し時間をおいてケーキ。今年はHoneyがブッシュ・ド・ノエルに挑戦するという。ブッシュ・ド・ノエルはフランスのクリスマス・ケーキで、薪型のロールケーキ。こげ茶色のケーキの表面をフォークで引っ掻きキズをつけて蒔きのように仕立てる。なんだけれど、Honeyからデコレーションよろしく、と託されたのは白いロールケーキ。

 これはこれで雪をモチーフにしたケーキにデコレーションすればよかったのだけれど、僕がやっぱりこげ茶にするべきでしょうと主張してケーキは迷走を始めた。新たに生クリームを購入して、そこに1人分だけ淹れたコーヒーを投入。色は変わらないし、生クリームは粘度を失うしと散々な結果に。この生クリームは料理に使うことになり、生クリームと同時に購入したチョコレートクリームをさっきの白いロールケーキに塗る。でもこのクリームも泡立ての問題なのか粘度がゆるく、フォークでキズをつけてもなんだか巨神兵のようにドロっと崩れてくる。

 食べてみると、やっぱりチョコレートクリームが余計で、中のロールケーキの部分はおいしいのに、チョコレートクリームが災いして、甘くて重いケーキになってしまった。来年はレシピを探して、ブッシュ・ド・ノエルに再挑戦しようと誓う。

投稿者 yhiroaki (15:10) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/947
2005年12月20日

 ふみまさもトコトコ歩くようになって、街で「ぼくちゃん、いくつ?」と問いかけられることもでてきた。そんな時に反応できないままだとつまらないと思って、仕込むことにした。

 まず「ふみまさ何歳?」とふみまさに尋ねてみる。ぽかんとしているので、「ふみまさは、2歳」と教えてあげる。「ふん?ふん?」と成り行きについていけないふみまさ。僕は「ふみまさはあ、2歳」と繰り返す。しばらく繰り返して今度は「ふみまさは何歳?」と尋ねてみる。わけがわからないまま「にさい」と応えてくれる。

 次はVサインだ。やはりここは「いくつ?」と語りかけてくれた人にVサインを突きつけるようにして「にさい!」と元気よく応えてほしい。「ふみまさ、ふみまさ、2歳!」と言いながらVサインというか2歳のサインをやってみせる。やはり何度か繰り返していくうち、ふみまさも真似しはじめる。指をそんなに器用には動かせないので、ぎこちないけれどしっかりVサインになっている。これで仕込み完了。あとは反復するだけだ。時々「ふみまさ、何歳?」と語りかけて、Vサイン付で「にさい!」と応えてくれるのを確認すればいい。今度ふみまさを見かけたら「何歳?」と尋ねてみてください。

2歳のVサイン

投稿者 yhiroaki (10:11) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/946
2005年12月11日

 我が家では結婚した年に家で飾れる80cmほどのツリーを購入した。毎年オーナメントを買い足していこうね!とHoneyと言っていたのだけれど、ここ数年は買い足せていない。それでもツリーは毎年、1年毎にテーマ・趣向を変えて飾っている。

 12月に入ったらすぐにクリスマス・ツリーを飾ろうと思っていたのだけれど、ばたばたしていて果たせず、ようやく今日飾りつけることができた。今年はシンプルに松ぼっくりと天使。リボンはかけずに綿の雪をリボンに見立ててみた。てっぺんに星飾り。星飾りはふみまさに乗せてもらった。今日から25日まで、我が家のクリスマスの始まりだ。

クリスマス・ツリー完成

投稿者 yhiroaki (16:47) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/945
2005年12月04日

 最近のお気に入りのおもちゃは積み木。積み木でトンネルを作ってほしいと「トンネル!トンネル!」とHoneyや僕に訴えてくる。作ったトンネルをNゲージの新幹線や成田エクスプレスをくぐらせて遊んでる。僕らも同じトンネルばかり作っていても飽きるので色々趣向を凝らしてみる。柱を4本正方形の4隅に立てて入り口4つのトンネルにしてみたり、1片の積み木の長さ以上の幅のあるトンネルを作ってみたり。

 トンネルの他にはクルマやバイクを作ってほしいとせがまれる。積み木のピースは種類が限られているのでリアルなクルマやバイクには程遠いけれど、それでもできるだけそれっぽく作ってみる。

 この積み木はHoneyPapaにもらったもので、積み木のピース毎に赤・青・黄・緑と木の生成りの5色に塗り分けられている。積み木を使って、「はい、これは赤、これは緑」とやっているうちに、ふみまさも色をおぼえて、認識できるようになってきた。今では「これは何?」と聞くと「みどり!」としっかり答えてくれる。

 積み木は面白くて色でも種類がわかれるし、形も正方形、長方形、三角、台形、8角形といろんなのがある。「これとこれは色は同じだけれど形はちがうね」「これとこれは色も形も同じだね」と言って聞かせている。モノには色んな側面・属性があって、ある面では同じだけれど、ある面では違う、積み木遊びをとおして、そういうことも伝えられたらいいなと思う。

積み木遊び

投稿者 yhiroaki (15:20) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/944
2005年11月19日

 そろそろ運転再開しているのではないかと思い、蒸気船マークウェイン号に戻ってみる。インターネット調べていたら、マークトゥエイン号は乗船のときに「操舵室に入りたいのだけれど」とスタッフにお願いすると1組限定で一番上の操舵室に入れてもらえる、のだそうだ。いってみると、ちゃんと再開していたので僕らも乗ってみる。スタッフに例のお願いをしてみると「申し訳ないが、今年の8月頃で操舵室への入場は終了した」とのこと。残念。内容もウエスタンリバー鉄道とかぶっていて別の日に乗るといいと思うのだけれど同じ日に両方に乗るのはいまいち。でも、ふみまさは船を楽しんでくれた様子。

 ワールドバザール中央の巨大クリスマスツリーと、ワールドバザールとシンデレラ城の間のあたりにあるディズニーキャラクターそれぞれのクリスマスツリーのところで記念撮影。今日は人出が多く写真を撮るにも順番待ちが大変だ。

ドナルドダックのクリスマスツリー

 ワールドバザ−ルを越えて入り口付近にいくとドナルドダックなどが写真撮影に応じている。ドナルドダックが大好きなHoneyはここが正念場と、ふみまさをだしに記念撮影を敢行。

ドナルドダックと記念撮影

 ふみまさは少し離れたところにいるプーさんに反応。プーさんのほうにもいってみるが、順番待ちの列の最後尾にスタッフがいて「はちみつの森に戻らないといけないので」とつれない言葉。今日はハニーハントが運転休止になっていたので、つい僕は「ハニーハントも休止なんだから忙しくないんじゃないの?」と言ってみたが黙殺された。

 ちょっと疲れたのでワールドバザールのイーストサイド・カフェで休憩。Honeyはお土産を買いにバザールへ。何かケーキとかワッフルとかちょっと甘いものでもと思って買いにいくと、ここにはそういうのはなくてホットドッグになってしまった。微妙。なかなか戻ってこないなーとしびれを切らした頃に戻ってきたHoneyと夕食の算段をはじめる。が、どこもいっぱい。待ち時間70分とか。しょうがないのでイクスピアリまでいってみることにした。夜のパレードまでに戻ってこないといけないので青龍門という台湾家庭小皿料理のお店に入った。装飾が凝っている、というか、アジアンなマンガチックのギミックであふれている。味は普通。ディズニーランドの中で食べるよりはおいしい。

 急いで戻って夜のパレードに間に合わせる。パレード開始まで30分少々。寒い。クルマには防寒具を載せてきているのだけれど、駐車場が遠くて取りに戻るのも辛い。Honeyが毛布を買いに走ってくれる。我が家でディズニーランドの土地勘がいちばん鋭い。学生の頃には早朝バスで開演前に乗りつけ、閉演ごろまで堪能してまた夜行バスで帰っていたらしい。つわものだ。夜のパレードはエレクトリカルパレード・ドリームライツ。1つ前にやっていた善と悪の戦いを描いたパレード(パレード名失念!)が¥はストーリー性は高かったけれど少々陰気だったのに対して、エレクトリカル・パレードはただただ楽しい内容で深みにはかけるが僕はこちらのほうが好きだ。

 パレードの後は昼間のうちにファストパスを取っていたホーンテッドマンションに向かう。今の時期、ホーンテッドマンションはホリデーナイトメアーという特別プログラムが組まれている。ジャック・スケリントンという妖怪がサンディクローズなるサンタクロースに偽者になりかわり、気味の悪いプレゼントを配るというもの。期間限定といわれると観てみたくなるのは人情というもの。

 これで帰ろうと思ったのだけれど、出口に向かう途中にあったメリーゴーランドに実家の父とふみまさを一緒に乗せる。僕は写真撮影。実家の父とふみまさはディズニーランドを楽しんでくれただろうか。

メリーゴーランド

投稿者 yhiroaki (21:00) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/943

 実家の父とHoney、ふみまさの3人でディズニーランドにいくことにした。実家の父とふみまさにとっては初めてのディズニーランドだ。Honeyと僕もふみまさが生まれる前にいってからご無沙汰で3年ぶりになる。

 ふみまさは2歳だし、実家の父ももうご老体なので激しいアトラクションは無理。そこで、ランチとディナーの時にショーを観ながら食べられるレストランを予約しようと計画して出かけた。予約するためには開園時間の前に並んでおこないといけない。ディズニーランドはチケットを持たずにいくと、まずチケットを買うのに結構並ばないといけない。これを避けるために、行く前にディズニーストアで買っておいた。準備万端。

 当日の朝、ふとディズニーランドのサイトを眺めていると今日の開園時間は通常の9時ではなく8時になるとのこと。夏休みやクリスマスの時期には朝早くから人が並ぶので開園時間が早くなるのは知っていたのだけれど、今日はまだそういう時期じゃないとタカをくくっていたのに・・・。ディズニーランドのそばで少し道に迷ったこともあり、到着したのは9時少し前。入園してすぐにHoneyと二手にわかれてショーのあるレストラン2軒に駆け込んだけれど2軒とも予約でいっぱいになっていた。残念。

 しょうがないのでこども連れの定番アトラクション、イッツ・ア・スモールワールドのファスト・パスを取る。そして、蒸気船マークウェイン号を目指す。なんと、いってみると蒸気船マークウェイン号は一時休止中。あれれと思い、ウエスタンリバー鉄道に乗る。ウエスタンリバー鉄道はビッグサンダーマウンテンの施設をうまく活用してあるアトラクション。ただ園内を走るだけではなく物語性を加えている点がさすがだと思う。

 ファストパスの時間になったのでイッツ・ア・スモール・ワールドへ。世界はひーとーつ。ふみまさは魅入られたように人形達の動きを見つめ、大合唱を聞いているようだ。このアトラクションにはいつも癒される。アトラクション内は少し暗いので幼児は怖がることもあるという話をきいていたが、ふみまさは大丈夫そうだった。

イッツ・ア・スモールワールド

 イッツ・ア・スモールワールドの後はパレード。パレードの演目はクリスマス特別企画のディズニー・ジャンボ・クリスマス・パレード。巨大なディズニーキャラクターがそのままパレードの山車になっている。後ろで観ていた女性グループが「あれ、どうやって片付けるのだろう」と心配していた。気持ちはわかる。パレードは強風の影響で山車が進んでいくだけで、パレードの一団がとまって踊るのは省略されていた。「ここは通過だけになります」という場所を避け、ちゃんと止まってくれる場所を確保していたのにちょっと残念。パレード自体が中止になるよりはずっといいのだけれど。

 お昼の時間になったので、カリブの海賊のアトラクションと一体になっているブルーバイユー・レストランにいくことにした。順番待ちの列。20分ほどまって中に案内される。店内は暗くなっていて、入り口にここから先は夜の世界だという案内があり、「こんばんは」と迎えてくれる。その演出はいいのだけれど、外で順番待ち行列の整理をしているスタッフが青空のもと何の説明もなしに「こんばんは、いらっしゃいませ」とやっているのは改善してもいいのではないか。食事の中身はまあディズニーランド水準。雰囲気は楽しむことができた。

ブルーバイユー・レストラン

投稿者 yhiroaki (13:00) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/942
2005年11月18日

 ふみまさが最近になって自分の名前を言えるようになってきた。ずいぶん前から、僕らが「ふみまさ!」と呼びかけると振り向いたり、反応はしていたので、「ふみまさ」というのが自分の呼び名であるらしい、ということはわかっていたのだと思うけれど、語彙が増えるにしたがって自分の名前を自分のものにしたようだ。

 だけれど、どうも今時点では「ふみまさ」よりも「ふみくん」のほうがより強く自分の名前だと思っているようすなのだ。思い当たるふしは・・・、やっぱり、保育園の影響だと思う。保育園では「ふみくん」と呼ばれるのはしかたないよなあと思う。ふみまさがもう少し成長して、世間での呼び名と身内からの呼び名に違いがあると気づいてくれるのを待つしかない。

 「これ、ふみくんの?」「ふみくん、ねんね、ない!」ふみまさの自分の名前の使い方はこんな感じ。ふみまさが「ふみくん、ふみくん」と連呼するので会話している僕のほうももつい「そう、ふみくんの」などど応えてしまう。その後で「いや、ふみくんのじゃなくて、ふみまさの」などともごもご訂正したり。自分のことながらなんだか可笑しい。

投稿者 yhiroaki (20:22) | クリックするとコメント画面へ (0)
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/941